ワインの選び方は試飲をするかネットで情報収集

これからもこの調子で知識を深めてみたい

これだと、お酒の好みとは違いますが、一緒に食べる料理との相性などがいい点からも、一時期その方法で選んでいたこともあります。
お酒の味だけで自分で選ぶ場合には、判断していましたが、このように料理という点から選んでみるというのは手軽に選べる、選びやすいやり方だなと今でも思います。
料理といってもフレンチやイタリアンなどもあれば、日本食、和食などもあります。
原産地を統一するならば産地のお酒を用意するだけですが、料理内容などによって選んでみるというのもいいものです。
また、最近ではもう少し知識を増やしたいと産地に関していろいろと情報収集するようになりました。
フランスやイタリア、スペイン、ドイツ、アメリカなどさまざまな国でワインが生産されているため、産地に関しても特徴をチェックしてみると勉強になります。
それ以外にも、品種などに関してもある程度掘り下げてチェックしています。
世界中で使用されているブドウとしてポピュラーな品種などもありますが、香りの深さが特徴のものや温暖な気候などに適している品種など調べてみると楽しいものです。
これからも、お酒に関しての知識を深めていくことや定期的に自分の好みのお酒や注目度や評価の高いお酒なども飲んでいき、新しい発見をしたいと思っています。
味や香りを楽しむことだけでなく、知識としても深めていくことで、よりお酒の楽しみ方を覚えた気がしているので、これからもこの調子で知識を深めてみたいと思っています。

クリストフ・ペロ・ミノ / シャルム・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ [20... (店舗名:ワイン通販ワインホリック)https://t.co/6AlTlmtDag

— A-Z bookstore (@A_Zbookstore) 2019年1月6日

できるだけ試飲をしてから購入するというパターンが選び方ネットの評価や注目度の高いものを購入する方法これからもこの調子で知識を深めてみたい